ネット副業上級者編!知っておきたいアフィリエイトで稼ぐ方法!

はじめに

ネット副業もすごい人だと月に数百万稼いでいます。1度稼ぐことが出来るようになれば1ヶ月に1回ほどホームページを更新するだけで自動的に稼ぐことが出来るようになることもあるのです。
ネット副業の可能性はそれだけ絶大ということですが、そこまで稼ぐようになるのはそれなりの知識が必要となります。

今回は、ネット副業上級者向けの稼ぐ方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

1.副業になれたらアフィリエイトを始めよう

ネット副業に慣れてきたらおすすめしたいのが「アフィリエイト」です。
アフィリエイトというのは提携するという意味で、自分のホームページやブログにアフィリエイトサイトと提携している企業の広告を貼り、その広告がクリックされたり、そこから商品が購入されたりすることで、決められた報酬を得られるというものです。

無料で始めることが出来るアフィリエイトですが、このアフィリエイトを極めれば毎月数十万~数百万円稼ぐことだって可能になります。

もちろん、アフィリエイトをやっているすべての人がたくさん稼げているわけではありません。
稼げている人の方が少ないと言われていますが、リスクなく始めることが出来、うまくいけばかなりの金額を稼ぐことが出来るようになるというのがアフィリエイトの最大の魅力です。

稼げなくてもリスクがあるわけではないので、ネット副業に慣れてきたのであれば1度チャレンジしてみることをおすすめします。

2.アフィリエイトの準備をする

アフィリエイトを行うためには、自分自身のホームページかブログが必要になります。
広告を貼るサイトがなければ出来ませんので、まずはそこから準備するようにしましょう。

本格的にはじめるのであればホームページがおすすめです。
ホームページを作成するとなるとHTMLやCSSといった専門的な知識が必要になりますが、少し勉強すれば覚えられると思います。

ホームページは作成出来ないという場合は、もともとサイトが作られているブログを使用しても良いでしょう。その場合は、アフィリエイトOKのブログを選ぶようにしてください。

次に収入を受け取る口座を開設しましょう。
ネット収入は通常の口座をは別にした方が管理がしやすいので新しく作るようにしてください。

おすすめはネットバンク(インターネット銀行)になります。
ネットバンクは手数料が安く、無料だったりすることもありますし、パソコンからいつでも操作することが出来るのでとても便利です。

3.ASP(アフィリエイトサイト)に登録しよう

ここまで準備が出来ればASP(アフィリエイトサイト)に登録しましょう。アフィリエイトで副収入を得るためには、ASP(アフィリエイトサイト)への登録は必ず必要になります。

有名な大手のサイトには登録した方が良いですが、ASP(アフィリエイトサイト)によって同じ広告でも報酬が違うということがあります。ですから、少し慣れてきたらいくつかのASP(アフィリエイトサイト)に登録して報酬が1番良いところの広告を利用するようにすることをおすすめします。

損をしないために複数登録するようにしてください。

4.自分で稼げる自己アフィリエイトを試そう

アフィリエイトには自分で申し込んで収入を得ることが出来る「自己アフィリエイト」というものがあります。そんなこと出来るの?と思うかもしれませんが、出来る広告があるのです。
自分のサイトに貼っている広告を自分でクリックして報酬を得るというものです。

アフィリエイトをやり始めの頃というのは、サイトへのアクセス数も伸びずなかなか成果が出ないものですので、自己アフィリエイトを利用すれば確実に稼ぐことが出来ます。
自己アフィリエイトを許可している広告かどうか事前に確認することが必須となりますが、許可しているのであれば利用できるものは利用するようにしましょう。

5.広告で稼ぐ

アフィリエイトの広告にもいろいろな種類があり、その中にクリックするだけで報酬がもらえるというものがあります。それをクリック保証型広告と言います。訪問者がバナー広告やテキスト広告をクリックしただけで、その回数に応じて報酬をもらうことが出来るというものです。

1日にたくさんの人がサイトに来てくれるサイトであれば、クリック保証型広告はとても有効です。設置するのも簡単ですので、アクセスが少しでもあるのであれば、クリック保証型広告も設置するようにしましょう。

まとめ

今回は、アフィリエイトで稼ぐための方法について紹介してきました。
さきほども言ったように、アフィリエイトで稼ぐことが出来るようになれば数十万~数百万を稼ぐようになるのも夢ではありません。

無料で始められますので、興味があるのであれば実行にうつしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ